Concept

静岡県富士宮市の静岡仮設は足場工事・仮設工事を
手掛ける会社です。

長年の経験と知識・技術を武器に、安全第一かつ
迅速・丁寧な施工を、
お客様にご提供しております。

静岡県内の中低層建築の現場はもちろん、
県外での各種工事にも、
幅広く迅速に対応可能です。

「安全第一のハイレベル」な施工をお求めの際は、
静岡仮設にお任せください。
必ずご満足いただけるかと存じます。

業務内容

Alone

01店舗

店舗の外装リフォームや塗装工事に合わせて、足場を組み上げます。
また、商店街内部やテナント内の内装工事をする場合でも、工事内容によっては足場が必要となります。外装だけでなく、室内や屋根がある箇所でも問題はありません。

Fire

02住宅・アパート、マンション

住宅やアパート、マンションなどの大規模修繕工事の建物に足場を組みます。
作業者側の作業効率の向上はもちろんですが、住人の方々に配慮した施工を心掛けております。

Coworkshop

03解体現場

解体現場において、足場の確保は作業員の安全と作業効率を考慮する上で大変重要な工程です。足場を組むことで、高所であっても作業員が作業したい場所に足を置いておくことが可能になり、作業員が動く経路である「動線」を確保し、安全に作業できるようにするのが、我々静岡仮設の責務です。
また解体現場における騒音や飛散物トラブルも、足場を組み「養生シート」で全体を囲うことで、騒音を抑え、危険要素である飛散物を防止することが可能です。

Activity

04工場

プラント工事では、足場の確保は必須です。
高所でも職人が安全かつ効率良く作業をするために、工事をする建物を足場で取り囲みます。『現場の安心・安全は足場工事から』をキーワードに、お客様にご迷惑をかけない施工を心がけております。

Membership

05大規模修繕

大規模修繕工事には足場架設が必須なのですが、工期終了までの長期間、建物の全体がメッシュシートで覆われてしまいます。
期間中は住民の皆様より「室内が薄暗くなる」「洗濯物が干しづらい」といったご不満もあると思いますが、我々静岡仮設は足場のプロです。工事期間中の負担を軽減する数々の技術やサービスを編み出してご提案させて頂きます。

    

新着情報

会社概要

  • 社名:株式会社 静岡仮設
  • 代表者名:代表取締役 木原 直也
  • 会社設立:2014年10月
  • 社員数:10名
  • 資本金:9,000,000円
  • 取引先銀行:富士宮信用金庫

〒418-0021 静岡県富士宮市杉田538-2
Phone:0544-24-8195
Fax:0544-29-6180

Phone:0544-24-8195